ホワイトニング ホームへ戻る

 

当院で行っているホワイトニングについてご説明いたします。

ホワイトニング

image

ホワイトニングとは、歯を削ったり色を塗ったりすることなく歯自体を白く明るくする方法です。
専用ジェルを歯の表面に塗り、活性化させ歯の色素(着色成分)を分解し、明るさを上げて白くしていきます。

ホワイトニングは大きく分けて3種類あります。

  1. オフィスホワイト二ング(歯科医院で行うタイプ)
  2. ホームホワイト二ング(自宅で行うタイプ)
  3. デュアルホワイト二ング(オフィスとホームを併用していくタイプ)おすすめ

オフィスホワイト二ング(歯科医院で行うタイプ)

image

歯科医院でホワイトニングを行なう方法です。高濃度の薬液を使用し、さらに特殊な光を当てて薬剤の効果を高めるため、短期間で歯を白く出来ますが、一度で希望の白さにならない場合には数回通院する必要があります。
当院では、これまで導入していたMIホワイトニングよりさらに効果の顕著なZOOMアドバンスホワイトニングをラインナップに加えました。ZOOMホワイトニングは、アメリカで最も人気のあるホワイトニングです。

image image

ZOOMホワイトニングの診療について

image
image

具体的な方法は?

まず、着色が多くついている方は、着色の除去を行い、唇と歯茎を保護します。 次に、歯の表面に漂白効果のあるジェル(原料は過酸化水素)を塗布し、特殊な光(ZOOMライト)を照射するという方法です。 照射回数によってお好みの白さに調整できますが、最低、2クール以上照射していただくと自然な白さになります。

ホワイトニングは安全ですか?

安全です。歯科医の監視下におけるホワイトニングの安全性は、十分な実験と臨床研究により証明されています。 どんなホワイトニングでもそうですが13歳以下のお子様、また妊娠中、授乳中の女性には適切ではありません。

副作用はありますか?

処置中、知覚過敏による痛みを感じる人もいます。 しかし、ZOOMライトは不快の原因となる熱を最小限に押さえています。 処置後、まれにビリビリして痛みを感じることもありますが、すぐにおさまります。

効果はどのぐらい続くのですか?

個人差もありますが、処置後に、着色原因となる食べ物をとらないように気をつけたり、食後の歯磨きを習慣づけたりすることで効果を長く保つことができます。 1~2年ぐらいでゆっくり後戻りしますが、まったく元に戻ることはありません。 歯科医院で行う定期的なクリーニングと家庭でできるホワイトニングを併用すれば白く輝く歯を長年維持することが可能です。

ページの先頭へ

ホームホワイト二ング (自宅でご自身で行うホワイト二ング)

自宅でホワイトニングを行なう方法です。マウスピースとホームホワイトニングキットをご自宅へ持ち帰っていただき、ご自身でマウスピースの中にホワイトニングジェルを入れて使います。じっくりと、あなたの歯を白くしてゆきます。多くの場合、4週間程度の時間をかける事が最良の結果をもたらします。

手順
image
  1. インフォームドコンセントと、使用法についての説明を行います。
  2. 口腔全体の診査と適応症についての確認を行います。
  3. 歯の色の診査を行います。
  4. 前処置としての機械的歯面清掃を行います。
    歯石除去には健康保険が適応されます。
  5. 対象歯列の印象採得を行い、歯列に適合した患者様専用のマウストレーを作製します。

作製した、患者様専用のマウストレーを用意し、歯ブラシ・デンタルフロス等を用いて、通常通りの歯磨きを行います。ホワイトニングジェルをマウストレーに流し込みます。
ホワイトニングジェルの入ったマウストレーを歯に装着します。歯ブラシ、ティッシュ等で余分なホワイトニングジェルを取り除き、口をすすぎます。
マウストレーは透明でやわらかい素材なので、普通に会話もでます。


デュアルホワイト二ング(オフィスとホームを併用していくタイプ)

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方行う方法です。
ホワイトニングの中では最も短期間で効果的に歯を白くすることが出来ます。(おススメです!)

 
ホームへ戻る
03-5799-4184

アクセス

〒156-0052
東京都世田谷区経堂1-18-10 1F

MAP

モバイル

QRコード

お手持ちの携帯電話で左のQRコードを読み取ってください。

 

日本歯周病学会認定 歯周病専門医

日本歯周病学会認定 歯周病専門医
歯科検診 予約受付中
セカンドオピニオンについてくわしくはこちら
世田谷区歯科医師会