インプラント ホームへ戻る

当院で行っているインプラント治療についてご説明いたします。

インプラントとは?

インプラントとは、自分の歯に限りなく近い人工の歯です。
材質は生体親和性の高いチタンでできており、顎の骨の中に埋め込む手術を行い、歯の根の部分を再建させその上に歯を作ります。歯を失った部分を、隣の歯や他の歯に力を借りることなく、失った部分だけで修復する・・・それがインプラントです。

現在の治療法の中で、歯を根の部分から回復できるのはインプラントしか無いため第二の永久歯とも言われ、天然の歯と同じように噛むことができます。また、治療後は自宅での正しいケアと、定期健診をきちんと行うことにより長期に渡って安定した状態を保つことができます 。

インプラント埋入手術に伴う不自由さと痛みの程度、およびその継続期間は臼歯の抜歯と同じくらいと考えてください。
埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。約6~24週間でインプラントは周囲の骨と完全に結合し、その後にヘッド部を装着します。


当院で使用しているインプラント

当院で使用しているインプラント:ストローマンデンタルインプラント
  • 専門トレーニングを受けた医師のみが取り扱いできる
  • シェアが広いので、引越しなどの際、転院がしやすい
  • 形状・サイズが日本人のあごに適している
  • 骨とインプラントが結合した後の手術が必要ない
  • 国際基準ISO9001取得

ストローマンデンタルインプラントは厳しい品質管理の下で研究・開発・製造・販売が進められております。 ストローマン社は品質管理の世界共通ルールであるISO9001の厳しい規格に適合し、その認証を得ています。


ページの先頭へ

3D(CT)撮影による安心で確実な診査診断

撮影による安心で確実な診査診断:3D(CT)

インプラント治療の方針を決めるには、術前検査が重要となります。
通常の歯科治療では、パノラマ(全歯撮影するレントゲン)、デンタル(部分的に拡大して撮影するレントゲン)があれば、虫歯の状態や歯槽膿漏の状態などがある程度判別つきます。
しかしインプラント治療を行うには骨の状態を立体的に把握する必要があり、通常医院で設置されているレントゲンでは歯や骨を立体的に把握する事は不可能です。通常のレントゲンでは正面から見た形しかわかりません。
当院に設置している歯科用CTレントゲン装置は、2D(平面)での撮影はもちろんの事、3D(立体)での撮影も可能です。

※アメリカでは、歯周病科と口腔外科がインプラント治療を行いますが、一般的なインプラント治療は、歯周病科が担当します。歯周病科がインプラント治療をする理由は、歯肉や骨を扱う治療に昔から精通していたことによるのですが、歯を保存する専門医による診断を介すことで安易な抜歯そしてインプラント治療への流れを牽制することもあるようです。


ページの先頭へ

他の治療法との違い

失った歯の修復法として、従来はブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかし、こうした代用物を口の中に確実に固定させるためには、隣の健康な歯を削らなければならないといった問題がありました。
また、従来の方法では失われた歯根までをも回復させるすべはなく、歯がなくなることによってできた顎の骨の中の空洞は放置されたままでしたので、やがてはこの歯根の喪失による空洞によって顎骨が萎縮する危険がありました。
本来あるべき骨量が年月と共に大量に減少し、骨は"萎縮"した状態になってしまう場合もあるのです。これが原因で入れ歯はフィットが悪くなり、食べる喜びがなくなり、日常生活の楽しさを失うことにもなりかねません。


インプラント治療(人工歯根) 入れ歯(義歯) ブリッジ



インプラント治療(人工歯根)自分の歯に限りなく近い人工の歯
  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来、食べ物の味や感触が良く分かります
  • 周りの歯を傷つけません
  • 見た目は自分の歯とほとんど同じようにきれいに仕上がります
  • インプラントが、あごの骨に力を加えますから、あごの骨がヤセるのを防ぐと言われています
入れ歯(義歯)
  • 一般的な治療で、比較的簡単に治療が受けられます
ブリッジ
  • 自分の歯と似たように噛むことが出来るので食べ物の味が良く分かります
  • 保険適応外のセラミックを用いた場合には、自然観が向上します




  • 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要です
  • コントロールされていない糖尿病や高血圧などの全身疾患をお持ちの場合、インプラントができないことがあります
  • かみ心地が悪い、固い物が食べにくいなどの場合があります
  • 入れ歯に違和感を感じることがある方もいらっしゃいます
  • 発音がうまくできない、見た目も良くない、という場合もあります
  • 入れ歯の手入れが毎日必要となります
  • 装着後の調整が何回か必要な場合があります
  • ブリッジを固定するために、歯の抜けた周囲の健康な歯を削る必要があります
  • 歯の抜けた部分の骨が次第にヤセていく場合があります
  • 発音に問題のある場合があります
  • 支えている歯の1つに問題が生じた場合、装置全部を作り直す必要があります
およその費用
  • 現在保険適用ではないため、費用は見た目の良い入れ歯やブリッジと同程度です
  • 治療本数、部位などによって費用は多少異なりますので、お気軽にご相談下さい
  • 分割払いも可能です
  • 保険の適用されるものもあります
  • 見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がなく、数十万円かかります
  • 分割払いも可能です
  • 保険の適用されるものもあります
  • 見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がなく、数十万円かかります
  • 分割払いも可能です

ページの先頭へ

インプラント手術の流れ

1. 診断・治療計画
診断・治療計画

レントゲンなどにより、十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。

必要によりCT検査を行うこともあります。

ストローマンデンタルインプラントシステムの取り扱いは、専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。


2. インプラント手術
インプラント手術

純チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔であごの骨に埋め込みます。

ストローマンデンタルインプラントシステムの形状は、非常に日本人のあごに適しています。


3. インプラントと骨の結合

インプラントと骨がくっつくのを6~24週間待ちます。
この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきますので、日常生活に支障はありません。


4. 歯の装着

ストローマンインプラントなら、ここで人工の歯を取り付けます。

手術1回式のストローマンデンタルインプラントシステムなら、ここでもう一度手術をする必要がありません。

歯の装着
 

ページの先頭へ

インプラント手術に関するQ&A

インプラントはどんな人に適していますか?

食べ物が美味しく食べられない、発音・発声に不便を感じる、入れ歯を使用すると異物感や痛みを感じる、どうしても入れ歯を入れたくない、できるだけ自然に近い歯を望んでいる、などという方におすすめします。
年齢的には顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方なら基本的にはどなたでも可能です。
ただし、心臓病や糖尿病などの持病の方、妊娠中の方、全身疾患のある方、顎の骨の状態が良くない方などは制限される場合がありますので、当院にご相談ください。

手術時に痛みはありますか?

手術は局部麻酔をして行いますので、痛みに関してあまり心配はありません。

インプラントの寿命はどのくらいですか?

食べ物が美味しく食べられない、発音・発声に不便を感じる、入れ歯を使用すると異物感や痛みを感じる、どうしても患者様の口の中の衛生状態に大きく関係していきます。
口の中の衛生状態が良ければいくらでも長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合もあります。

治療費用はどのくらいかかりますか?

現在は保険治療の適用になっていません。
埋入するインプラントの本数など治療の内容により異なりますので、詳しくは担当医師にお聞きください。

ページの先頭へ

経堂デンタルケアクリニックのインプラント治療の特徴

  • 必ず、CT撮影を行い、安心安全な治療が可能
  • 全身管理センター(血圧SpO2)下での安心な全身管理
  • 世界的シェアのストローマンインプラント使用(安価なインプラントは使用しておりません)
  • 完全個室
  • インプラント治療後の定期的メンテナンスプログラム
ページの先頭へ
ホームへ戻る
03-5799-4184

アクセス

〒156-0052
東京都世田谷区経堂1-18-10 1F

MAP

モバイル

QRコード

お手持ちの携帯電話で左のQRコードを読み取ってください。

 

日本歯周病学会認定 歯周病専門医

歯科検診 予約受付中
セカンドオピニオンについてくわしくはこちら
世田谷区歯科医師会