入れ歯 ホームへ戻る

当院で行っている入れ歯治療についてご説明いたします。

入れ歯について

歯を失った際の治療としてもっともポピュラーであるのが入れ歯治療です。ここでは入れ歯と他の治療法の違いをご説明いたします。

入れ歯とは

歯を失った部分を補う「義歯」のこと。一般的には、プラスチックの床(ピンク色の部分)に、陶材やプラスチック製の人工歯を並べたもの。「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。

一般的な総入れ歯(フルデンチャー) 一般的な総入れ歯(フルデンチャー)

「入れ歯」以外の治療法との比較

歯を失った部分を補う治療には、「入れ歯」の他にもいくつかあります。他の治療法と比較しながら、入れ歯の特徴を理解しましょう。

治療法 特徴・メリット 問題点
入れ歯
入れ歯
  • 費用が低価格(保険適応のものもあり)
  • 手術の必要がない
  • 歯を削る量が少ない
  • 取り外しができ、掃除が簡単
  • 治療期間が短い
  • 隣歯への負担が大きい(部分入れ歯の場合、バネをかけるため)
  • 装着時に違和感がある
  • 入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい。
  • 数年ごとに作りかえ、または調整を必要とする
ブリッジ
ブリッジ失った部位の両隣の歯を削り、義歯のブリッジをかぶせて固定する方法
失った部位の両隣の歯を削り、義歯のブリッジをかぶせて固定する方法
  • 天然歯と同じような外観・機能が期待できる
  • かみ合わせを回復することができる

  • 入れ歯より高額
  • 隣歯を削る必要がある
  • 土台となるしっかりとした歯が両側にないと出来ない
  • 失った歯の数が多いと治療できない
インプラント
インプラント歯のない部分にのみ人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、歯(歯冠)を取り付ける方法
歯のない部分にのみ人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、歯(歯冠)を取り付ける方法
  • 天然歯と同じような外観・機能が期待できる
  • 失った部分のアゴの骨がなくなるのを防ぐ
  • 健康な歯を犠牲にする必要がない
  • 適切にケアすれば十分長持ちする
  • 入れ歯やブリッジより高額
  • 手術の必要がある
  • 取り外しはできない
  • 治療期間が長い

しかし、入れ歯を使用中の方からは、こんな声が…

こんなことで困っています。

入れ歯は、自分の歯ではなく、仮の歯を装着しているのですから多少の違和感は仕方のないことですが、しばらく装着していれば慣れてくるものです。しかし、このような問題が生じる原因として、「入れ歯が自分にあっていない」ことが考えれます。
大切なのは、「痛くない」「しっかり噛める」「違和感のない」自分にあった入れ歯(義歯)を作ることです。 現在使用中の入れ歯に不満をお持ちの方は、入れ歯の調整や新たな入れ歯の作製が必要です。また、他の治療法を検討されることもお勧めします。

ホームへ戻る
03-5799-4184

アクセス

〒156-0052
東京都世田谷区経堂1-18-10 1F

MAP

モバイル

QRコード

お手持ちの携帯電話で左のQRコードを読み取ってください。

 

日本歯周病学会認定 歯周病専門医

日本歯周病学会認定 歯周病専門医
歯科検診 予約受付中
セカンドオピニオンについてくわしくはこちら
世田谷区歯科医師会