インプラント ホームへ戻る

当院で行っている口腔外科についてご説明いたします。

口腔外科

口腔外科

口腔(口のなか)、顎(あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。
歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が対象となります。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症、唾液腺疾患などの外科的疾患、口腔粘膜疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

歯を失った場合(インプラント)

インプラント

抜歯または自然に抜けて歯がなくなると、ブリッジや入れ歯という方法もありますが、ご自身の歯のように噛めるようにするには、インプラントが大変おすすめです。
インプラントを成功させるためには、歯周病や補綴(ほてつ)に関する幅広い知識と技術が要求されます。十分な経験と技術をもつ当院でしたら安心して治療していただけます。 詳しくはインプラントページへ→ インプラント

ページの先頭へ

親知らず

親不知

親知らずとは、前の歯から数えて8番目に位置する奥歯のことを言います。他の歯とは違い、生えてくるのが20歳前後と遅いことが特徴です。最大で上下左右の奥に4本生えます。昔の人は顔が大きく顎も広かったため、親知らずが生えてもそれほど問題はなかったのですが、現代日本人は顔が小さくなり顎も狭くなっているため、生えてきた際に何かと問題が起きてしまいます。

親知らずを抜かなければいけない理由
  1. 衛生的な問題
  2. 生え方によっては、その歯、また隣接する歯が磨きづらくなり、ケアが不十分になってしまいます。結果として虫歯や歯周病になってしまうのを防ぐために前もって抜いておく必要があります。

  3. 歯並び、噛み合わせの問題
  4. 水平方向に生えた場合など、正常な他の歯を動かすことになり、噛み合わせに異常をきたすことになってしまいます。それを防ぐために抜歯する必要があります。


親知らずは放置しても問題ないものもあります。しかし、自分の親知らずに問題があるのかないのか、それをご自身で判断することはなかなか難しいです。
問題のない親知らずならば良いのですが、問題がある親知らずの場合、以下のような弊害が起こる恐れがあります。

  • 噛み合わせ異常によって頭痛や肩こりが起こる。
  • ケアが不十分になり口臭が発生する。
  • 歯並びが悪くなる。
  • 細菌感染してしまい、腫れが親知らず周辺から、顎の下、喉周辺、そして最悪心臓部まで広がってしまう。心臓に達した場合は、最悪死亡するというケースもあります。


「歯を抜くのが怖いから」などという理由で放置などしたりせず、早い段階から医師に相談して、最善の選択が出来るようにすることをおすすめいたします。


ページの先頭へ

口腔顎顔面外傷

歯、顎、顔面、お口の外傷(口の中の切り傷、歯が折れた・抜けた、顎の骨折・変形)が あった場合は、まずは早目に当院にご相談ください。以前なら抜けた歯やかけた歯は助からないと思われていましたが、抜けたりかけたりした歯の保存状態と、30分以内に治療を受けるとかなりの確率で元に戻せます。遅くとも1時間以内に治療を受けるようにしましょう。

もしも、お子様が転ぶなどして歯を失ってしまったら・・・

口腔外科

 抜けたり、かけた歯を探しましょう。

次に

 水道水で洗いましょう。  ※この際に30秒以上は洗わないこと!

次に

 抜けている場合、お口に入れて歯を自分で元に戻しましょう。
 (小さなお子様の場合は牛乳の中に入れてお持ちください)

次に

 出来るだけ早くお電話の上、当院へお越しください。
 (診療時間外の場合は、地域の夜間診療へ)

ページの先頭へ

腫瘍(良性腫瘍・悪性腫瘍)

口腔外科

お口の舌、歯ぐき、ほっぺた、唇、あご、唾液腺などなどあらゆるところに腫瘍ができることがあります。
当院で検査し、良性腫瘍の場合は、レーザーなどで治療が可能です。
但し、悪性腫瘍(癌)の疑いがある場合は、大学病院をご紹介させていただきます。気になる事があれば、早目に検査されることをおすすめしています。

ページの先頭へ

口内炎の治療

口内炎とは、お口の中に出来る炎症で、当院では主にレーザーを使用して治療いたします。 レーザーを当てることで表面に膜ができ痛みを和らげ、さらに殺菌作用により早く完治します。
治療後すぐに痛みが消えるわけではありませんが、数時間後に食事をした時に痛みが軽減されます。
また、歯並び、入れ歯が合わない、歯ブラシの使い方の誤りなどで口腔内が傷ついて出来る場合は、 歯ブラシ指導、他の治療、クリーニングにて口腔内を清潔にするなど合わせてご案内させていただきます。

ご自身で出来る、口内炎予防方法

親不知

  • 毎食後の歯磨きやデンタルリンスなどでお口をゆすぎお口の中を清潔に保ちましょう。
  • 正しいブラッシング方法でお口の傷を作ってしまう事を防ぎましょう。
  • ビタミンやミネラルが不足しないようバランスの良い食事を心がけましょう。
  • 免疫力の低下を防ぐよう、ストレスや疲労をためないようにしましょう。
ページの先頭へ

顎関節症

顎関節症

こんな症状が出ていませんか?

  • 顎がガクガクと音がする。
  • 今までガクガクと音がしていた顎が、急に音がしなくなったら開きずらくなった。
  • 朝起きると顎が強張っている。
  • 物を噛むと耳の前辺りが痛む。
  • 耳鳴りがする。
  • 肩こりがひどい。
  • 偏頭痛がひどい。
  • 歯並びは悪い方だ。
  • スポーツ(ラグビー、空手、ボクシング等)をやっている。


上記の項目に該当する数が多いほど、顎関節症(がくかんせつしょう)の可能性が考えられます。
通常は鎮痛薬により関節内の炎症を鎮めるとともに、スプリントといわれる、プラスチックの板を歯列全体にかぶせる保存的な治療が一般的です。スプリントは、噛みしめ時の顎関節の負担を軽くする治療法になります。
顎関節症は、ストレスなどが原因である場合も多く、決して珍しい病気ではありません。 炎症がひどいときは外科的治療を行うこともありますが、生活習慣の改善などで自然と治るケースがほとんどですので、焦らずに治療することが大切です。

ページの先頭へ

いびき・睡眠時無呼吸症候群

いびき

あなたには、次のような症状はありませんか?

  • 睡眠中に呼吸が止まると言われた事がある。
  • いびきがうるさいと言われた事がある。
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう。
  • 疲れがとれず、昼間異常に眠くなる。


これらの症状で悩んでいる方は、「睡眠時無呼吸症候群」の疑いがあります。
睡眠時無呼吸はしっかり治療すると無呼吸がなくなり、生活習慣病や眠気などの症状もきちんとコントロールできるようになります。いびきをかく程度で受診するなんて恥ずかしいと言う理由などで、まだまだ治療を受けている方が少ないのが現状です。 少しでも気になる事があればご相談ください。

ページの先頭へ
ホームへ戻る
03-5799-4184

アクセス

〒156-0052
東京都世田谷区経堂1-18-10 1F

MAP

モバイル

QRコード

お手持ちの携帯電話で左のQRコードを読み取ってください。

 

日本歯周病学会認定 歯周病専門医

日本歯周病学会認定 歯周病専門医
歯科検診 予約受付中
セカンドオピニオンについてくわしくはこちら
世田谷区歯科医師会